コンフォートハウス7つのこだわり#4システムが違います

コンフォートハウスの価格の自信は、独自の流通システムにあります

大工さんの個々の技術に頼る住まいづくりでは、住宅の品質にばらつきが出ます。
当社では、日本最高水準である建材メーカー、資材メーカー等と直接業務提携をしていますので、高品質の材料を低価格にてご提供することができます。
さらに、工事業者との連携により、技術のばらつきを解消し、安心と安全を提供することができます。

コンフォートハウスの流通システム

コンフォートハウスでは、製品の購入をメーカーと直接行っております。いくつもの仲介業者を通す一般的なやり方で生じるコストを抑えることで高品質の材料・製品を低価格にてご提供できる体制を整えております。

流通システム

『建登会』による直接責任施工

工事風景家づくりは、多くの工事工程と専門業者と職人の手で作られています。
コンフォートハウスでは、現場によってバラつきのない質の高い材料・製品と、高い技術をもってより良い住まいを提供できるよう、コンフォートハウス協力業者会『建登会(けんとかい)』を結成しております。当社建設部の現場・品質管理の下、日頃から技術の向上に努め、高品質な建物の完成を目指しています。

■建登会の構成メンバー

木工事を担う棟梁(大工)や基礎・左官・クロス・建具・水道・電気などの各種専門工事業者、職人をはじめ、建材・資材メーカーなど、コンフォートハウスの家づくりに携わる業者、スタッフで構成されています。

■建登会の目的

技術向上、施工基準の統一。無駄をなくし各工事の流れを円滑にするための全工程の討議。新素材の施工方法やクレーム防止のための情報交換など。